カラコン 保管

カラコンの正しい保管方法

 

カラコンを使用していく上でとても大切なことは、
カラコンを正しく保管して清潔に保っておくというようなことですが、
このカラコンの保管方法を誤って間違った保管の仕方をしていると
カラコンが長持ちしなくなったりだとかカラコンのレンズが
汚れてしまったりして、そのまま装着してしまいますと
目の重大なトラブルを引き起こしてしまいます。

 

カラコンを清潔な状態で常に保管をしておくためには、
どうしても揃えなくてはならないものがあります。
その一つが洗浄液で、ワンデーカラコンの場合は
洗浄液を使って洗浄をする必要性はありませんが、
1ヶ月使用をするタイプのカラコンだったり、
ワンイヤータイプのカラコンなどであれば、こういう洗浄液を使用して
しっかりと洗浄をして清潔に保っておく必要がありますね。
このケアがどれだけ重要なことなのか?と言いますと、
やはりカラコンを使用した後ですと、レンズに汚れなどが付着してしまいますので、
必ず洗浄液で洗浄をするようにしたいところですね。
このレンズのケアやお手入れを1日でも怠ってしまいますと、眼病になったり
目に異物が入ったりもしますので注意してください。

 

また、カラコンを保管する上でどうしても必要なものは保存ケースです。
この保存ケースの中にカラコンを清潔な状態で保存をしておくことができますので、
カラコンを使用する際には必ず必要になるケースです。
カラコンを使用する際にはカラコン対応の目薬を使用する必要があり、
ここで普通の目薬を使用してしまいますと、カラコンによって起こる目のトラブルの
直接的な解決にはならないこともあるので注意してください。

 

目が乾燥しやすいというような方であれば、潤いをしっかりと与えてくれる
カラコン専用の目薬を購入するのが良いでしょう。
カラコンを毎日長時間の使用をされるというような方であれば、
常に目が乾燥しがちな状態に陥ってしまうと思いますので、
こういう目の乾燥対策になるようなカラコン専用の目薬は常備しておくようにしたいですね。

 

これが基本的なカラコンの保管方法となりますが、
カラコンを初めて購入するというようなカラコン初心者の方であれば、
「カラコン装着前に手洗いはしないといけないのか?」というようなことが
分からないというような方もいらっしゃることでしょう。
これは、カラコン装着前に必ず行なっておいてほしいもので、
手洗いをしないと手にはばい菌などが沢山付着していますので
カラコンを装着する前には入念なお手洗いはもちろんのこと、
爪もできるだけ短く切っておく方が良いでしょう。